スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹の橋に・・・

こんなお知らせで申し訳ありません。



mimo.jpg




ミモザが、逝ってしまいました・・・


*****************


追記


朝、安暖邸より連絡を受けた時にはとても信じられませんでした。
でも、ボランティアスタッフから次々と連絡を受け・・・
そうなんだ・・・・と。



涙が止め処なく流れ・・・



1ヶ月近くも安暖邸に入れなかったことを悔やみ・・・
でも、もう温かいミモザに触れることも抱っこすることも
できないんだ・・・と、ただただ悲しく辛く・・・



ミモザは、普通でも元気なのか具合が悪いのか
わからないところがありました。



でも、まさか・・・・と言う思いでいっぱいです。



お客さまたちにもボランティアスタッフたちにも
不思議な魅力で、かわいがっていただいたミモザ。



もっともっと、ミモザのゆっくりした時間の流れの中で
ずっとずっと生きていってくれるものと・・・
そう、思っていました。



そばにいてあげられなくって
ごめんね。
一緒に寝てあげられなくって
ごめんね。



今日・・・
「ミモザをお家に・・・」と、里親希望をいただきました。
ミモザは、日曜日に安暖邸から巣立ちます。
ミモザは、たくさんの中の1匹としてではなく
「イタガキミモザ」と言う名前をいただき
天に昇ります。


ミモザにも、ようやくお家ができました。


************


ミモザをかわいがっていただき、
ありがとうございました。
ミモザの写真をいっぱい撮っていただき
ありがとうございました。


ミモザと言う存在を、安暖邸に訪れた皆さまに知っていただいたこと
ミモザと言う猫がいたんだ・・・ということを、皆さまの頭の片隅にでも
刻んでいただけたら、嬉しいです。



ありがとうございました。



ミモ・・・
おやすみ。





享年5歳。


************

8月13日(日)安暖邸より追記 

ミモザのことについては皆様に悲しい思いをさせて申し訳ありませんでした。
ブログでは温かなコメントをいただいたり、安暖邸ではたくさんの方から弔いのお言葉もいだだきました。
お花も頂きました。ありがとうございます。

少し詳しく報告したいと思います。

私は木曜日の夕方仔猫を乗せて山梨を出て、夜10時半頃に安暖邸に着きました。
安暖邸の様子を知っている仔猫はそのまま安暖邸内に放流して、
初めての仔猫たちにバックヤード内にあるトイレの場所を教えていました。
そのトイレの脇の隙間にミモザは寝ていました。

バックヤードのトイレの脇はこの時期 涼しいので人気のスポットでもあります。
その後、仔猫と成猫を新しい飼い主さんへお届けでした。

時計を見なかったので戻った時間はわかりませんが、安暖邸に戻ってバックヤードの
カリカリフードを補充して、水を換えたのですがその時もミモザはそこで寝ていました。

朝になりまだ寝ているので「ミモ~」と声をかけて… 私は気が付いたのです。
そのミモザは まさに涼しいところで気持ちよさそうに寝ているミモでした。

穏やかな表情でした。  でも 体は硬くなっていました。

もしかしたら前日私が安暖邸に仔猫たちを連れて入ったときには すでに死んでいたのかもしれません。
でも、それを気付かせないほど穏やかな死だったです。

彼の体の中で何があったのかは分かりませんが、皆さんが愛してくれたミモザが苦しむことなく
死を迎えたことはよかったと 考えて良いように思います。

ミモを愛してくれた皆さま。 ありがとうございました。

この記事を書いているときにもお花を持ってきてくれたお客様がいます。
ミモザは幸せです。



みもみも















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大好きな

正直ショック

天然おとぼけ不思議ちゃんミモザが大好きでした。

どうぞ安らかに

(;_;)

この間、お伺いしたときミモザがいない!と思ってました。。
具合悪かったのかな?残念です(;_;)(;_;)

うう・・・

とても残念です・・・
ミモザありがとう。

儚いですね

先週末、お邪魔したものです。

ミモザちゃんって、あのマイペースで静かに寝てたネコちゃんですよね?
部屋に入った瞬間から、とても気になる存在でした。

途中で私のそばにきて、静かに寄り添ってくれてました。

特に具合が悪そうには見えなかったです。悲しいですね。
儚いですね。。。

あちらには、4月に旅立ったうちのコもいます。
仲良くしてやってね。

合掌

まだ信じられません

昨夜お邪魔したときにも、ついついミモザの姿を探してしまう自分がいました。

とても信じられません・・・。
忘れませんよ。

イタガキミモザくん、おやすみなさい。

ミモザ

信じられません。

今年初めから安暖邸に行くようになった
わたしにとって、
ミモザは「いつでもそこにいる」存在でした。
次々と貰われていく子を横目に、
いつもぽや~っとしてかわいい子でした。

ミモザ、安らかに…
どうもありがとう。

ご冥福をお祈りいたします。

信じられません・・・。
8月7日に貴邸を訪問させていただき、
ミモザさんと最後にふれあったときには
このようなことが起ころうとはまったく
思いもしませんでした。悲しいです。
今はただ心よりご冥福をお祈りいたします。

少しご無沙汰していた間に

ご無沙汰しています。以前くるみちゃんを譲っていただいた者です。
少しドタバタしており、ブログの確認をしていなかったところ
ミモザくんのお話を、今知り、非常に驚いております。

はじめて伺ったときから、近寄ってきてくれた
のんびりマイペースな姿が印象的でした。
たくさんいた猫さんのなかで、一番最初にお名前を覚えた
独特な雰囲気を持った猫さんでした。

安らかに天国でもマイペースに過ごしていてくれると
いいなと思います。
[ご案内]
入場料金:1時間800円
延長:15分200円

営業時間:13:00~20:00
(※火・水曜日定休)

住所:
東京都目黒区目黒本町5-8-12
電話:
03-3713-8830
090-4939-7038
E-Mail:
cats.andantei@gmail.com

※臨時休業・変更については
お知らせカテゴリを参照下さい。

展示 第004346号
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
フリーエリア
にほんブログ村 猫ブログ 猫カフェへ
にほんブログ村
 
安暖邸の子の詳細はこちらで
となねこさんバナーのクリックもよろしくお願いします!
プロフィール

Cats安暖邸

Author:Cats安暖邸
Cats安暖邸の店舗ブログです

Twitterやってます


ご支援のお願い
ご支援をいただける方は、以下を参考になさってください。
みなさまの暖かいご支援に感謝しております。

ウィッシュリスト(Amazon)
※お届け先住所で
 「NPO法人リトルキャッツ(山梨)」を
 選んでください。

ウィッシュリスト(楽天)
※楽天で購入される場合は、
 Cats安暖邸までご送付ください。
 山梨まで運搬いたします。
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。